遺品整理
~遺品を片付ける3つのステップ&コツ~

大切な家族や親族が亡くなった後には故人が生前使用していたものを整理し、故人の暮らしていた家や部屋をきれいにする必要があります。しかし何からすればいいのか、どのような手順で行うのかなど、岡山県にお住まいの方から遺品整理のお悩み・ご相談を多数いただきます。

遺品整理の際には「遺品整理がなかなか進まず時間がかかった」「分別・仕分けが大変だった」などのお困りごとが岡山県にお住まいの方より多く寄せられます。そこで、遺品を片付ける3つの方法とコツをご紹介いたします。

①遺品整理の手順の把握

遺品整理はいつから取りかかるのがいいのでしょうか。

岡山県にお住まいの方は、親族が集まる四十九日後から始める方が最も多いです。しかし、大切な人を失った心の傷はすぐに癒えるものではありません。遺品整理には期限はありませんので、故人への想いに整理がついたタイミングで遺品整理を行うのが適した時期といえるのでしょう。しかし、賃貸物件の場合や相続税の申告・納税がある場合には期限があるので気を付けなければなりません。家賃や重加算税が発生しないよう、スケジュールを立てて取り組みましょう。

遺品整理は誰が行うのでしょうか。

遺品整理は親族ら自らが行う場合が一般的ですが、最近では「時間がとれない」「遠方に住んでいるので遺品整理に通うことが難しい」など、遺品整理の業者に依頼するケースが岡山県では増加しています。

遺品整理を進めるために準備するものはあるのでしょうか。

自分で遺品整理をする場合には、準備すべき物があります。作業しやすい服装・手袋・マスク・スリッパ・ゴミ袋・ダンボール・マジック・はさみ・掃除道具などがあると、スムーズに遺品整理に取りかかることができます。

②遺品の仕分け・分類

遺品整理を始めるには、貴重品・残す品物・リサイクルできる物・処分する物の4種類に分けると作業がはかどります。しかし、大切な人を失った心の傷はすぐに癒えるものではなく、悲しみで片付ける気力がわかないこともあるでしょう。その時はまず、テレビなどの壊れている家電製品・古くなった食器棚などの家具・溜まった新聞などの仕分けを始めると整理が進みやすいものです。

処分するか迷うものを無理に捨てる必要はありません。残しておいて、心の整理がついてから判断するのも1つの方法です。また、捨てたからといって思い出がなくなるわけではありませんので、自分の気持ちを整理すると同時に遺品ともお別れをしていきましょう。

しかし遺品を仕分けるといっても「整理する量が多く、自分ではなかなか進まずに時間がかかり大変…」というお悩みを岡山県にお住まいの方から多数寄せられています。
最近では、パソコンなどの電子機器内のデータ・ネットバンキングなどの『デジタル遺産』と呼ばれるものも増えています。オンライン上・スマートフォンの中に遺されており、親族が全てを把握していないケースもあります。分からないからとそのままにしておいては後から問題となることも…。

③仕分け後の対応

遺品の仕分けが完了したら、リサイクルできる物・処分する物の処理を行いましょう。リサイクルできる物は、リサイクルショップなどで買取を依頼します。処分する物は、自治体のごみ収集に沿って分別をしなければなりません。遺品整理の際には大型家電や家具など大量に処分するものがあり、かなりの手間と時間がかかり大変です…。遺品整理の際に岡山県の多くの方を悩ませるのが、この処分の作業です。

不用になった物でも故人様の遺品を捨ててしまうことに抵抗がある方は、遺品供養や寄付に出すこともおすすめです。故人が大切にしていた品などが必要な人のことろで長く使われていると思えば、気持ちも浮かばれるでしょう。

遺品整理を進める3つの方法

自分たち家族・親族だけで遺品整理を行うのが一般的とされていましたが、近年では業者に依頼する方が岡山県ではとても増えています。遺品整理を進める3つの方法を見てみましょう。

(1)自分たちで全てを行う

家族や親族が故人の遺品の仕分けから不用品の処分まで全て自分たちで行います。自分たちで全てを行うので、遺品の内容を全部把握でき納得のいく片付けができるという利点があります。故人との思い出に浸りながら、遺品を整理することで気持ちも整理することができるでしょう。

しかし、遺品の仕分けから不用品の処分までを全て自分たちで行うには膨大な時間が必要となります。不用品の処分には分別も必要となるため、分別や解体にもかなりの時間を要します。処分の際には搬出やゴミ処理場までの運搬が必要となり、手間や体力も必要となり大変です…。

(2)自分たちで遺品整理をし、処分は業者に依頼する

家族や親族で故人の遺品を整理し、不用品などの処分するものは不用品回収業者に依頼するというケースも増加しています。故人の遺品には思い出の詰まったものがたくさんあるので自分たちで仕分けを行うことで納得のいく片付けができ、古くなったベッドやタンスなどの処分を業者に依頼することで、手間や時間をかけずに簡単に処分できるという利点があります。

(3)遺品整理業者に依頼する

遺品整理の際には遺品整理業者に依頼をし、一緒に遺品整理を行う方が急増しています。また、遠方の方や体力的に遺品整理が難しい場合には遺品整理を任せることもできます。

遺品整理業者に依頼をすると費用はかかりますが、なんと言っても短時間で整理することができ、家具などの重い物の運び出しの手間も省けます。また遺品整理に関する知識があるので、遺品供養や買取を行ってもらうこともできます。

遺品整理のスムーズな進め方をご紹介

仕事や子育てをしている方、遠方に住んでいる方、体力的に自分で遺品整理するのが難しいこともあります。自分で遺品整理をするのが難しい時は、遺品整理・不用品回収も行っている専門的知識を持った業者に依頼するのがコツですよ。

岡山セーフティでは、リサイクルできる物の買取、処分する物の分別・回収も全て行っております!処分する物は分別不要で回収を行います。また、大型家電や家具もご自宅内から搬出作業を行いますので、お客様の手を煩わせることはありません。お店やゴミ処理場への運搬作業・分別・分解などの面倒な手間も全て岡山セーフティが行います!また、岡山セーフティでは仏壇・仏具などの処分の際に必要な供養も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理も行っている岡山セーフティと一緒に遺品を整理することにより、仕分けの際には迷いを減らす助けになります。また知識と経験豊富なスタッフにより短時間で、より楽に、より簡単に片づけをすることができます。遺品を全て撤去した後は簡易清掃も行っております。

岡山県では近年、自分が元気なうちに自分で身の回りを整理する「生前整理」が関心を集めています。自分の持ち物を自分自身の判断で処分しておけば、残された家族の負担が減り、遺品を巡るトラブルも回避することができます。自分が元気なうちに整理することも大切な時代となっています。しかし「身の回りのものを整理したいが、何から手をつけていいか…。」というお悩みも多くいただいています。岡山セーフティでは、生前整理の作業も行っておりますので、お困りの際には岡山セーフティにお任せ下さい。

遺品整理でお悩みの際には、岡山セーフティがお力になります!ご遺族様と一緒に故人を偲び、心をこめて遺品整理をいたします。お困りごとは岡山セーフティにご相談ください。お見積り・ご相談は無料です。

365日年中無休当日対応可能配車担当が元気よく対応致します。
※お電話ではご依頼内容の確認に約2分程お時間を頂きますのでご了承下さいませ。
  • 各種クレジット
    カード払い可能
  • JCB、VISA、Mastercard、アメックス、ダイナーズ
  • キャッシュレス
    決済可能
  • paypay